加速度センサを利用した立脚相・遊脚相の判断 

 

弘前大学理工学部 知能機械システム工学科 田中秀幸

 

          目的

歩行運動能力の評価と転倒予測のために、加速度センサを利用した立脚相と遊脚相の判断方法を提案する。

          将来の展望

理学療法のための動作計測においての臨床実用化。

          写真&動画

 

 

 

 

 

 

センサを取り付けた様子       爪先に取り付けた加速度センサ        踵に取り付けた3Dセンサ

 

 

 

 

    

作成したデータロガー              計測の様子(動画) (2008年11月撮影)

 

Member

TOPページ