研究題目
3Dセンサを用いた歩行分析システム開発に関する研究
目的
現在使用されている大掛かりな測定装置を使用せず、小型軽量な3Dセンサを爪先に装着するだけという簡便な歩行分析シス テムを開発すること

研究の内容
「歩行分析」とは、高齢 者のつまずき防止歩行障害の有無または重症度の判断な どを行うことです。
これらの判断基準には、1歩にかかる時間と距離足の動かし方歩行速度な どが主に挙げられます。
下の動画は、通常の歩行分析を行う際に使用する3次元モーションキャプチャシステムによって測定を行ったものです。
○印が、上から膝・くるぶし・かかと・爪先をそれぞれ表しています。
このような大掛かりな装置を使用せず、安価で簡単に歩行測定を行うこために、
写真のセンサシステム(3軸の加速度センサ、角速度センサ)を、爪先の上に装着して歩行解析を行います。
3Dセンサシステム     爪先軌道&爪先ベクトル
右上の図は、3歩分の3次元爪先軌道(赤色)と、ある間隔ごとに表示された爪先向き(青色)を 示しています。
このように、1歩毎に足がどのようにして、蹴りだされて地面に着地するかが視覚的にも理解できるようになっています。

将来の展望
臨床現場(病院、リハビリテーションセンターなど)での使用

弘前大学大学院理工学研究科2年
三島 啓太


<Link>
弘 前大学弓道部