研究題目
ヒト立位安定性の定量評価
研究目的
病院等で行われているリハビリ治療で、患者の体力的・金銭的な負担の軽減のため、「ヒト姿勢制御の解明」を行い、「立位姿勢保持能力診断法の確立」を目指している。
将来の展望
安価で簡単な機材を用いて、正確に立位姿勢制御能力を評価する小型の計測装置は、近い将来、世界中の理学療法士たちの中で標準となるだろう。


条件1
両脚開眼
条件2
両脚閉眼
条件3
片脚開眼

前へ戻る  または  ホームへ戻る  もしくは  ウィンドウを閉じる

LastUpdate: 081127
Since: 081121


↓ 輪 講 補 足 資 料 ↓
090511LabVIEWでDCモータをPID制御のブロック線図
090601シグモイド関数
090904フィッシャーの正確確率検定
091009級内相関係数
091021検定力